爪のトラブルは何科を受診する?

Pocket

つい先日、長女が片足の足を引きずってリビングに来ました。「足が痛い」と言うので、視線を足元に向けると、なんと、靴下の先が血で真っ赤に!!!どうやら、親指の爪から出血しているようです。

長女曰く、実は数日前から痛かったとか。ジンジンして痛くて歩けない、病院行きたい、というのですが、ここで疑問になったのは「爪って何科を受診すればいいの?」です。
普通のケガなら整形外科ですが、爪は皮膚科のような気もするし……。

そこで今回、形成外科と整形外科の2つの科を受診した経験をお話しようと思います。

本題に移る前に、長女の症状について軽く説明したいと思います。
足の親指の爪が多少伸びていたのに、爪を切らずにそのまま硬めの靴(ローファー)を履いていたんですね。それが数日続くうちに、伸びた爪が硬い靴で押されて圧迫され、爪が途中で折れ(はがれて)しまった。そして、指の爪近辺の肉に折れた爪が食い込み、出血してしまったようです。私が患部を見たときは、爪はもう途中まではがれていて、パコパコしていました。

さっそくネットで調べてみると、爪のトラブルは、「皮膚科」「整形外科」「形成外科」を受診すればいいという情報が。
近所に皮膚科と整形外科があるので、ちょうどいいと思いましたが、なんとその日は病院の休診が多い木曜日。最寄りの皮膚科と整形外科は休診日だったため、少し遠いけれど、木曜日に開院している形成外科に行きました。

病院の窓口で「爪から出血している」と説明したところ、受付の女性は「爪のトラブルですね。大丈夫ですよ」と。診察の際も、先生は慣れているようで、普通に淡々と患部を見て、消毒をして、細菌感染を防ぐという軟膏を塗り、指先を包む包帯みたいなものをして終わりました。その後、消毒のために2日間で通院。3日目に軟膏を処方され、1週間後にまた来るように、との指示。再診察では、出血も止まり、化膿もしていないということで、そのまま爪が自然にはがれるのを待つ、という感じで終わりました。

そして3週間後。
爪はまだ完全にははがれていない状態ですが、なーんと、治りかけた患部を、階段を登るときに思いっきり殴打してしまったのです。そこでまた出血。
しばらく消毒して様子を見ていましたが、腫れて痛くて歩けないと言うので、また病院に行くことに。しかし、タイミングが悪いことに、その時期はお盆。最初に受診した形成外科はお盆休みに入ってしまっていたので、最寄りの整形外科に行くことにしました。

スポンサーリンク


整形外科でも、形成外科と同じく手慣れた感じで「あ~、爪からの出血ね~」という様子の診察。消毒は同じですが、軟膏は塗りませんでした。形成外科とは違ったのは、患部が炎症しているということで、抗菌薬と抗炎薬(鎮痛剤)、薬から胃を守る胃薬を処方されたこと。あと、家庭での消毒用としてて「イソジン」も処方されました。へえ~。イソジンってうがいだけじゃないの?なんてびっくり。

出血と腫れがおさまらない場合は、次の手を考えましょうということでしたが、ほどなく出血はおさまり、服用した薬の効果か腫れも引きました。整形外科は2回で通院は終了。診察代も、形成外科は1回目が1000円、2回目が約400円、3回目が約800円、整形外科は1回目が1200円、2回目は400円ほどでした。

ところで、似たような言葉の響きで混同しがち(私もしていた)形成外科と整形外科ですが、どう違うのでしょう?

形成外科は、生まれつきの体の異常や変形、病気や怪我などによってできた身体の状態を治療する外科のことなのだとか。やけどのあとの治療や乳がんなどの乳房の再建手術なども形成外科が行うようです。一方、整形外科は、骨や関節・筋肉を主に扱う外科学の一部で、それらの疾病・外傷を対象としているのだとか。
爪は 形成外科・整形外科のどちらでも大丈夫なようです。

実は爪のトラブル、私も経験済み。中学生の時、足の親指の爪がはがれかけて、出血したことがあったのです。その時に受診したのは、内科も外科も小児科もやってる町の小さな医院。そこで行った治療は、はがれかけの爪と指の間にペンチみたいなものをグイッと入れ、瞬時に爪をはさみ、ベリっとはがすというものでした(もちろん、麻酔はなし)。

強烈な痛さもそうですが、「爪をはがされる」という行為を目の当たりしたので、その衝撃でしばらく放心状態になったのを覚えています。同じような治療法だったら、娘もトラウマになるだろうなと心配していたのですが、今は昔のように、ムリに爪を剥がすということはしないようです。

まとめ
爪のトラブルは、うちの場合、整形外科でも形成外科でも大丈夫でした。処置もほとんど同じで、診察料もほぼ同じ。痛くて痛くてたまらないときは、少しでも移動する距離が少ない方がいいですよね。数日間、通うことになるので、通いやすさや痛くても通える距離の病院がいいかな、と個人的には思いました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする