ケーキを5等分にするには – 長方形ケーキをうまく5人で分ける方法

Pocket

丸いホールケーキや長細いケーキなどを、3人や5人など奇数の人数で切り分ける場合、うまく上手に分けることができず、子供たちがケンカになったという経験はありませんか? お兄ちゃんやお姉ちゃんが、下の弟・妹たちに、大きくカットされたケーキを譲る……という微笑ましいシーンを期待してしまいますが、年齢が近いきょうだいの場合、なかなかそううまく事は運ばないものです。

せっかくのお祝いや楽しいイベント、ケーキを上手に人数分に切り分ける方法はないでしょうか? 今回はロールケーキやパウンドケーキなど、長方形のケーキを上手に切り分ける方法をご紹介します

丸いホールケーキを均等に切り分ける方法はこちら→ケーキを5等分にするには – 子供もケンカせず平等に分ける方法

長方形ケーキを5つに上手に切るには?

<材料>
・ゴムテープやゴムなど
ズボンやスカートなどのウエスト、スモックの袖口などに使うゴムテープや、輪ゴムの一部を切って1本のひも状にしたものを使います。

ゴムテープの場合、長さ10センチ~15センチほどに切って使います。いろいろな幅のものが販売されていますが、幅が広いものは伸縮性が強すぎて使いにくい気がしました。6コール(幅5ミリ)ほどのものが、ほどよく伸び縮んで使いやすいと思います。

ゴムテープは100円ショップでも購入できます

まずに、ゴムテープやゴムひもに油性ペンで目盛りを付けます
ゴムテープの場合、最初の2センチくらいは、手で持つ部分と考えて、その2センチ以降から、だいたい1.5センチ刻みに7つほど目盛りを付けます。

輪ゴムは一部を切ると、だいたい10センチ~12センチの1本のひもになります。ゴムテープと同じように、最初の1センチくらいは手で持つ部分として、それ以降、だいたい1.5センチ刻みに目盛りを付けます。こうすれば、5つは目盛りを付けることができると思います。

では、さっそく長方形のケーキを切り分けてみましょう。

今回切るのは18センチのパウンドケーキ型で焼いたカステラです。自家製なので、形が崩れています……。

スポンサーリンク


全長約18センチの自家製カステラ。生地の中に見える黒いつぶつぶは、ゴミでもカビでもなく、紅茶の葉っぱです

ケーキを横向きに置きます。

一番最初の目盛りを、ケーキの左端と合わせ、ゴムを伸ばしていきます。たとえば、5人でケーキを分けたいならば、5つ目の目盛りをケーキの右端に合わせます。

5つに分けた例

ゴムは均等に伸びるので、伸びた目盛りの数に合わせて切れば、ほぼ同じ大きさに切り分けることができるというわけです。

同様に、3人で分けたいときは、3つ目の目盛りを右端にあわせます。分けたい人数の分だけ、目盛りを着けてケーキに合わせれば、ほぼ均等に切ることができます。

3つに分けた例

実際にケーキを切る時は、ゴムテープにケーキの生地やクリームが付かないように、ゴムとケーキ生地を離してくださいね。一人では難しいので、だれかもう一人にヘルプを頼むのがおすすめです。1人がゴムテープを伸ばし、もう1人がその目盛りを目安にケーキを切るといいですよ

まとめ

我が家の場合ですが、細長いケーキを切り分けた際には、子供たちは30センチものさしを取り出して自分のケーキを計り、「〇〇の方が5ミリ大きい!」「こっちは3ミリ小さい!」「この間のケーキは、私の方が小さかったのに!」と大騒ぎでした。年齢が上がるにつれてギャーギャー言わなくなりましたが、小さなうちは必ず誰か1人が泣き出してひと騒動になったものです。

この方法を使えば、和菓子のようかんやクリスマスの定番・ブッシュドノエルの切り分けなども簡単にできます。ゴムテープの方が目盛りが目で見やすいですが、台所などでもよく使う輪ゴムも手軽でおすすめ。子供たちが「上手に切って!」と騒ぎだしてからでも、輪ゴムならすぐに用意できますよ

関連記事

ケーキを5等分にするには – 子供もケンカせず平等に分ける方法

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする