ローソン銀行が開業! 口座開設に必要なものは? 開設するメリットは?

Pocket

ローソン銀行公式サイトキャプチャより

10月15日にローソン銀行がいよいよ開業しますね。流通系の銀行としては、セブン銀行・イオン銀行に次いでのものになりますが、ローソン銀行ならではのメリットなどあるのでしょうか?

公式サイトをチェックしてもいいのですが、情報がとても豊富なので、口座開設にあたって最低限知っておきたいことや、口座開設のメリットをまとめました。サイトでの口座開設受付と、スマホ専用アプリのリリースは10月15日の9時からです。

ローソン銀行ならではのメリットは

・支店名がおもしろい

他のコンビニ銀行とそれほど差がなく、手数料の差こそありますが、出入金や、自行・他行への振込などができます(セブン銀行・イオン銀行との比較記事はこちら)。ローソン店舗があれば、24時間365日いつでも銀行を利用できるというのは助かりますね。しかし、他のコンビニと比べ、「コレ!」というメリットが、公式サイトを見ている限り少なく、決め手に欠ける気がします。しいていれば、支店名がおもしろいということでしょうか。

支店名は、ローソン銀行の場合はコンビニの取り扱い商品、セブン銀行は花、イオン銀行は誕生石となっています。

ローソンの支店名はコンビニ商品とのことで、「おにぎり」や「おべんとう」が並んでいますが、ローソンの看板商品「からあげクン」も支店名になるのではと思うのですがないですね。これは、具体的な商品名を支店名にしてしまうと、商品名が変わったときに支店名も変更になってしまうからだそう。でも「からあげクン」は人気商品なので、このまま商品名は変わらなさそうという気がします。

ローソン銀行の支店名は「おもち」「チョコ」などとてもかわいく、それだけで口座を作りたくなってしまう人もいると思うのですが(何を隠そう、私も……)、支店名は口座の持ち主の誕生月によって、自動的に決まってしまいます。「おもち支店がいい!」など、特定の支店名は指定できないそう。残念!

ちなみに、誕生月によって、支店名が決定するというのは、イオン銀行も同じです。セブン銀行の場合は、口座を開設した月の花の名前になります。

・オンラインで口座が開設できる
Webとスマホアプリから口座開設の申込みができます。必要な書類をそろえて、画像を撮影し、アップロード、または郵送するだけ。通常、銀行に出向いて口座を作るときはいくらか現金を入金するものですが、ローソン銀行を開設する場合、現金は必要ありません。また、銀行印も必要ないようです。

・ローソン銀行ATMでほかの金融機関のカードも利用できる
これは他のコンビニ銀行とあまり変わらないのですが……。提携先のさまざまな金融機関のカードが利用できます。

スポンサーリンク


ローソン銀行のデメリット

・デビット機能がない
ローソン銀行の場合、キャッシュカードにデビット機能がついていません。デビット機能があれば、手持ちがないときでも買い物ができて便利なのですが……。逆をとれば、ムダ遣いはしなくなるかもしれませんね。

・ATM設置数が少ない
セブン銀行の場合、2万4000カ所に設置されているATMですが、ローソン銀行の場合、1万3000カ所とされています。それでもローソンがある場所なら出入金できると思えば便利ですよね。

・Eメールアドレスがないと口座開設できない
さまざまな連絡はEメールを通してされるので、今は連絡はLINEが主流という人でも、メールの取得は必須となります。メールは各携帯電話会社のキャリアメールでもOKなようです。

・Pontaカード一体型キャッシュカードの取り扱いがない
セブン銀行ではナナコ、イオン銀行ではWAON一体型のキャッシュカードが発行されますが、ローソンの場合、ローソンのポイントであるPontaと一体型のカードがありません。ただし、今後の動向を見て、導入される可能性はあるのではないでしょうか。

ローソン銀行で口座を開設するには

ローソン銀行のメリットとデメリットを理解した上で、口座を開設したいと思ったら、開設に必要な書類を揃えましょう。必要な書類は下記の通りです。

申込方法は、専用アプリ、Web(本人確認書類をアップロード、または郵送)の3通りあります。公式サイトで確認した限りでは、専用のアプリとWeb(アップロード)で申し込む方が、用意する書類も少なく揃えるのも簡単な気がします。

【アプリ、Webの場合】

アプリと、Web(アップロード)の場合は、スマートフォンと本人確認書類があれば、口座開設ができます。

運転免許証
マイナンバーカード
パスポート(日本国籍の方のみ)
在留カード

【確認書類郵送方式の場合】

AまたはBいずれかの本人確認書類

A 下記のいずれかの原本(申込書類がローソン銀行に到着時、発行から6カ月以内のもの)
住民票の写し
住民票記載事項証明書
印鑑証明書

B 以下の「a+b」の2種類の本人確認書類

a 運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、各種健康保険証、パスポート(日本国籍の人のみ)、国民年金手帳、各種福祉手帳など、有効期限内のもの

b 名前(同居の家族の名前でも可能) ・電気、電話(携帯電話も可)、ガス、水道、NHKなど、現在の住所の記載がある公共料金請求書や領収書の原本

口座を開設するとからあげクン半額キャンペーンも

口座開設を開始する10月15~30日までは、口座を開設した人を対象にキャンペーンが開催されるそう。15時~19時の間にローソン銀行のATMで入出金をすると、「からあげクン」が半額になるクーポンが発行されるのだとか! もしも口座を開設したとしたら、ぜひ利用したいですね。これに限らず、今後も利用者限定キャンペーンが行われれば嬉しいのですが……。

まとめ

ローソン銀行kの場合、銀行に直接出向かなくても、銀行の口座が開設できるのはとても便利ですね。さらに銀行印も必要ないというのも手軽で嬉しい。ついつい先行しているセブン銀行やイオン銀行と比較してしまいますが、ローソン銀行もまだ開業したばかり。今後、どのようにサービスが充実していくのか期待したいと思います。

<関連記事>

ローソン銀行が開業! セブン銀行やイオン銀行と手数料など比較してみた

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする