串カツ田中のクーポンはFUN+WARKアプリでGET! 歩くだけでポイントたまる

Pocket

FUN&WARK アプリ スクリーンショットより

健康のためにウォーキングする人も多いと思いますが、ただ歩いているだけではもったいない! 「FUN+WARK」というアプリ、知っていますか? 歩数カウント機能が付いたアプリなのですが、歩いた分だけポイントがたまり、そのポイントは飲食店やスポーツジムで使えるクーポンに替えられるのです。クーポンの中には、「串カツ田中」のワンドリンククーポンも! 早速使ってみたので、その経緯をご紹介します。

FUN+WARKプロジェクトとは

FUN+WALK PROJECTは、スポーツ庁の官民連携プロジェクト。健康寿命を延ばす取り組みとして、各地でウォーキングイベントや歩き方イベントを開催しています。アプリはこのプロジェクトサポートするもので、歩数カウント機能付き。1000歩ごとにポイントがたまり、たまったポイントは割引クーポンに交換できます。

これまでも、行政がリードして実施している健康増進プロジェクトなども参加したことがあるのですが、どうも魅力がいまひとつでした。例えば、よこはまウォーキングポイント。こちらも参加希望者には歩数計が進呈され(なんとオムロン製! 送料は負担する必要がありますが、それでも送料だけでオムロンの歩数計がGETできるのはお得ですね)、歩数に応じてポイントがたまるのですが、そのポイントではもれなく何かがGETできるという特典はありませんでした。ポイントに応じて抽選で商品券などのプレゼントが当たりますが、その確率は1%ほどとかなり低め。プレゼントや特典目当てに歩くのは趣旨がズレてるという考えもありますが、継続するモチベーションにはなりますよね。

後に、よこはまウォーキングポイントはアプリもリリースし、スマホで歩数がカウントできるように。1日の歩数に応じてポイントとともにコインも獲得できるようになりました。コインをためるとバッジ(LINEのスタンプみたいなもの?)と交換できるのですが、いまいちあまりそそられない……。スマホの対応機種も限られるし、インストールできたとしても歩数がカウントされないというコメントもあり、行政主導のこうした取り組みは、何かひとつ決め手に欠けるな~と思っていたのです。

FUN+WARKアプリとは

FUN+WARKアプリは、iPhone・Android、両OSで使えるアプリ。アプリはApp Store、google playで入手できます。アプリをインストールしたスマホを持って歩くと、歩いた歩数に応じてポイントがたまります

初期設定で、200種類のキャラクターの中から好きなものを選ぶことができ、歩数ゼロとのときはご当地キャラが赤ちゃんの状態。それが、どんどん歩くことによって、ハイハイし、立つようになり、成長させていくことができます。キャラは、なぜか島耕作、ぐんまちゃん、バリィさん、しんじょうくん、ふっかちゃん、オカザえもん 出世大名家康くんなどメジャーなものが多いですね。そのうち、さらにキャラは増えていくのでしょうか。

早速インストールしてみました。私が設定したご当地キャラは、国分寺市のご当地キャラ「にしこくん」を選択。最初はまだ赤ちゃんの状態です。

かわいい! にしこくんがおしゃぶりしてます

ホントに歩数計が機能するのかな?と家の中をぐるぐる歩いてみました。おおお! ちゃんとカウントされています。

コタツのまわりをグルグル歩いてみました

実際に歩いた歩数と比べてみると、若干、アプリの方がカウントされる歩数が多いようです。だって家のすぐ近くのゴミ捨て場(たぶん片道80メートル足らず)まで歩いて帰ってきただけで、400歩カウントされてますもん。

アプリの歩数カウントは、スマホをカバンに入れていてもカウントされるようですが、もしかしたらスマホの持ち方や収納の仕方で若干変わってくるかもしれません。1000歩で1ポイントたまりますが、買い物に行ったり、ゴミ捨てに行ったり、郵便局に行ったりしているだけなのに、気づくと1000ポイントは軽くたまります。知らないうちに成長しているキャラクターを見るのも楽しいですよ。

子どもがイタズラして、キャラクターが出世大名家康くんに変わってました。キャラクターは途中で変更できます。今、ハイハイの状態です

クーポンは8ポイントで割引クーポン1枚と交換できます。まだ、このサービスと提携している企業が少ないのが難点。クーポン発行はスポーツクラブ「ルネサンス」のフィットネス体験(500円分)や、串カツ田中のワンドリンククーポン、カラオケビックエコーの室料30%OFFクーポン、アシックスオンラインストア5%OFFクーポン、遺伝子解析のマイコード10%OFFクーポンだけです。

スポンサーリンク


私の狙いは、「串カツ田中」のワンドリンクサービスのクーポンです。徒歩圏に「串カツ田中」があるのですよ♪

今のところ、飲食店クーポンは、この串カツ田中のみ。ファミレスやコーヒーショップなど、もっと他の飲食店のクーポンが発行されればいいですよね。

クーポンで気を付けないとならないのは、月末でたまったポイントはリセットされてしまうということ。8ポイントたまったら、月が変わる前にクーポンをGETしておくことが必要となります。

FUN+WARKアプリのクーポンを使ってみる

GETしたクーポンの有効期限は約1カ月。期限切れになる前に、クーポンを使ってみることにしました。目指すお店は、当然「串カツ田中」です!

「串カツ田中」、知らなかったのですが、最近人気の串カツ屋さんのようですね。串カツ屋ですが、店頭は立ち飲み店風の雰囲気で、子連れで行ったらギロッと睨まれそう……と勝手に想像してしまいます。でも、子ども連れにも優しいお店ということなので、思いきってチビを連れて訪れてみることに。

私が訪れたお店は、休日は16時オープン。開店と同時に入ったのですが、16時10分過ぎると、子どもを連れた家族でけっこういっぱいになりました。

オーダー時にクーポン使用のことを伝えると、まだアプリの周知が店員さんに浸透してなかったのか、「店長~~、このクーポンって何ですか~~?」と、奥にいた店長さんを呼び寄せてしまうことに……。また、このアプリ、立ち上がりが遅いので、使いたいときはあらかじめ前もって起動させておいて、店員さんにクーポンを提示した方がいいですね。今回、ワンドリンクサービスで頂いたのは、レモンサワーです。

また、知らなかったのですが、小学生未満の子どもがいる場合、なんと「たこ焼き」が無料になるそうです。串カツだけ数本頂いて、サッと帰るつもりでしたが、せっかくのサービスなので頂くことにしました。たこ焼きは小さめのテーブルコンロが用意され、そこで自分で焼くタイプです。

自分でコンロで焼くたこやき。ひっくり返すのが下手で形が崩れています

また、未成年の場合、店員さんとじゃんけんをして勝つと、ドリンクが無料になるサービスもありました。うちは「りんごジュース」では負けてしまいましたが、二度目の「瓶ラムネ」の時は、店員のお姉さんが「じゃ、カニさんで行くからね」というわかりやすいヒントを出してくれたおかげで無料に。お姉さん、ありがとう! 見渡すと、けっこうじゃんけんして無料になっているケース多いようです。店内には「じゃんけん~!」という声が響いていましたよ。

リンゴジュースは……。かなり小さめのサイズです(笑)

たこ焼きを焼いている間に、頼んだ串カツが運ばれてきました。ソース二度付けNGというルール、子どももとても新鮮にうつったよう。揚げたての串カツはおいしく、目新しい素材もいっぱいでした。

串カツを2本、サワーとビール、子どもにジュース2本、たこ焼きをオーダーして、今回は終了。もう少し年齢が高い子どもの場合、これでは物足りないかもしれないですね。大人の入店が多くなる17時前には失礼しました。

まとめ

子どもを居酒屋に連れて行くことに抵抗ある人も多いと思いますが、オープンと同時に入るとそれほど酔った人は少なく、家族連れも多いので、ちょっと早めの食事感覚で利用できると思います。たぶん、これが19時過ぎると、また変わってくるかもしれませんが……。店員さんも子どもに優しく、気持ちよく利用できましたよ。

近所に串カツ田中やビックエコーがあり、利用する機会が多い場合は、FUN+WARKアプリを入れておいても損はないと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする