業務スーパーの当たり商品とは?長年リピ買いしてるおすすめ食品を公開

Pocket

食費節約の強い味方「業務スーパー」。乾物や冷凍食品、調味料、お肉や魚などがお買い得価格で販売されていますが、ビッグサイズなだけに「味はどうなの?」「食べきることはできるの?」と不安な人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は週イチで業務スーパーに買い出しに行く私が、個人的に気に入って何度も購入している商品をご紹介します。

中には口コミで「あまりおいしくない」なんて言われている商品もありますが、食べ物の好みは人それぞれ。業務スーパーで買い物をするときのヒントにしてみてくださいね。お気に入りポイントだけでなく、ちょっと気になる点も合わせて紹介しています。

↓業務スーパーでおすすめしない商品については下記でまとめています

大容量の食材がお手頃価格で手に入る業務スーパー。おいしさとお得さにリピート買いしてしまうものも多いですが、中には「これはちょっと……」という...

チキンナゲット

業務スーパーには数種類のチキンナゲットがありますが、私がよく購入しているのは、黄色いパッケージに入ったブラジル直輸入の1Kg入りの冷凍チキンナゲット。

1Kgなんて多すぎない?
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)
Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
でも、朝ごはんやお弁当のおかずでも使うし、おやつでも食べるから、かなりのスピードでに冷凍庫からなくなっちゃうのよ

価格は599円。日本ハムや丸大などから発売されているチキンナゲットと比べるとかなり安いし、口コミでも「まずい」の声はちらほらあったので不安だったものの、食べてみたらあら!おいしい!衣はカリカリ、肉質かなりジューシーです。

安物にありがちな、怪しいにおいや薬っぽい風味もしません。味は少し濃いめなので、ソースなしでも食べられます。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
形はちょっと他社メーカーのと比べるといびつだけど、特に気にはならないレベル。

ただこれ、電子レンジ調理ができないんですよね。油で揚げるか、トースターで焼くかのどちらか。私は少量の油で揚げ焼きしていますが、レンジ調理でOKのチキンナゲットと比べると、やや手間がかかる印象です。でも油で揚げた分、衣がカリッカリでおいしいです。

一度、電子レンジで調理したことがありますが、衣がふにゃふにゃでおいしくありませんでした……。

アマンディホイップ フローズン

冷凍のお菓子コーナーに置いてある冷凍ホイップクリームです。

すでにホイップしてあり、口金もついているので、解凍するだけで使用OK。ケーキにデコレーションしたり、パンケーキにトッピングしたり、アイスコーヒーの上に絞ったりと、さまざまな使い方ができます。

価格は1000mlで258円

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
スーパーなどで販売されている口金付きホイップの多くは約200mlで200円前後なので、それと比べると断然お得!

味はというと、植物性のあっさりした味わいで、甘さもそれほどきつくありません。泡立てる手間や絞り出し袋を用意する必要もないので、子どもとパフェやクレープを作るときはとても便利。

ただ、動物性の生クリームのようなミルキーさは残念ながらありません。コクも感じられないので、「生クリームの代わりに使いたい」という人には不向きかも。

特大サイズの食料品が、とにかく安い業務スーパー。お菓子作りで使う素材も豊富に揃っています。 デコレーションケーキ作りで欠かせないホイッ...

ブラジル産冷凍鶏もも肉2Kg

冷凍肉コーナーで、ひときわ目を引く大きな塊。分厚い百科事典くらいの大きさで、その重さなんと2Kg!価格は698円でした。

100gあたりに換算すると、40円を切る安さ。100g40円って、胸肉ならセールで見かけたことありますが、もも肉がこの価格で買えるなんてびっくりですよね。

それにしても大きいね!足の上に落としたら、大けがしちゃいそう
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

「臭いが気になる」といった口コミもありますが、シンプルに焼いて塩コショウで食べても、それほど臭いは感じませんでしたよ。

唐揚げや照り焼き、煮込み、カレーなど濃い味付けにしたら、一般的なスーパーで売っている鶏肉と区別付かないのではないでしょうか?っていうか、私は気づかないです。

2Kgというととても量が多そうに感じますが、うちは5人家族なので 1日に1人100g食べるとすると、4日で食べきることができる量。

夕食のメインにするほか、お弁当のおかずにしたり、休日のお昼に親子丼……といった調子で使っているので、無理なく使い切っています。

ネックといえば、塊が大きいので解凍の時間がかかることと、サイズが大きいので冷凍庫や冷蔵庫で保管する場所に困ること、たまに筋やちょっと固い部分があることでしょうか。

冷凍パイシート

冷凍のお菓子コーナーにある「冷凍パイシート」もおすすめです。

冷凍パイシートって、数枚しか入っていないにも関わらず高価なので、買うのに躊躇してしまうこともありますが、こちらは6枚入りで248円。一般的な冷凍パイシートは4枚入りで400円前後するので、それと比べると格段に安いことがわかります。

安いので味が心配でしたが。使ってみると、ちゃんとサクサクしているし、生地の層は他のパイシートと変わらない細かさ。

油脂はファットスプレッドというものを使用しているので、バターや発酵バターを使っている有名メーカーの冷凍パイシートと比べると、やや焼き上げたときの風味は劣るものの、それも食べ比べしているうちに、どっちがどちらだかわからなくなるという程度です。甘すぎるということもないので、おかず系のパイにもよく合います。

ネックといえば、海外製品なので、日本の製品のように一枚一枚個装されていないこと。全部使い切らない場合は、生地が乾かないように保存方法を工夫することも大事だと思います。

バターを練り込み、たたんで伸ばして冷やしてを繰り返す「パイ生地」。それが大変そうで、パイ菓子を作るのをついつい躊躇してしまう人もいるはず。 ...

辛子めんたいこ

大きなビニールに入っているチューブ式の明太子です。冷凍の魚介類コーナーにあります。450g入りで価格は698円でした。

スポンサーリンク


一番便利だと思うのは、あらかじめ薄皮が取ってあるので、パスタにからめたりおにぎりの具にするときなど、すぐに使うことができること。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
明太子を使うとき、あの薄皮から卵をこそげ取る手間って地味に面倒なんだよね~

味は一般的な明太子と比べると、やや辛さは控えめであるような気がします。プチプチとはじける食感も少なめ。あったかいごはんに乗せたとき、ほろほろっと崩れる感じもありません。油脂や調味料を加えたペースト状なので、純粋な明太子を楽しみたい人が食べたら混ぜ物感が強く「ちょっと違うな」と感じるかも。

とても便利なのですが、量が多いので一度に使いきれない場合は小分けにして冷凍保存するなど工夫が必要です。

食材や調味料が、業務用価格でお得に購入できるとあって人気の神戸物産「業務スーパー」。 最近、ハマってリピ買いしているのが、チューブ状の容器...

コンソメ

洋食を作るときに味付けで使うことが多いコンソメ。業務スーパーでは、300g入りの大容量で販売しています。価格は337円。有名な味の素のコンソメの約半分の価格です。

味の素のコンソメが顆粒状(あるいはブロック状)であるのに対し、こちらはパウダー状。溶けやすく素材にからみやすいです。

味はまったく違和感なく、普通に「おいしい」。塩がきつすぎるとか、臭いがあるとは感じません。これを知ってから、ずっとコンソメは業務スーパーのものに切り替えています。

不満点を挙げるとすれば、大容量な上にパウダータイプなので、保管場所に気を付けないと湿気やすくなること。私はいつも冷蔵庫に入れていますが、ボトルも大きいのでかさばるんですよね……。でも、ボトルではないファスナータイプも販売されていますよ。

業務スーパーパトロールが日課になっているkerokoです。 今回は、前々からずっと気になっていた調味料「コンソメ」を購入!前から存在は...

あんこ(つぶあん、こしあん)

常温の乾物コーナーあたりに陳列されていることが多い「あんこ」。こしあんとつぶあんの2種類があります。こしあんは800g入りで195円、つぶあんは1Kg入りで228円。どちらも5Kg入りという大容量もありますよ。

一般的に販売されているあんこの中には、ソルビトールや水あめなどが入っているものもありますが、業務スーパーのあんこの原材料は「小豆と砂糖」だけととてもシンプル。

甘さはどちらかというと控えめです。強烈な甘さを想像していたのでこれは意外!おもちと合わせて食べるほか、おしるこやまんじゅう、水ようかんなどにも使えます。

ネックといえば量が多いこと。食べる人数が多いのならば無理なく使える量ですが、1~3人で食べるとなると、使い切るのはかなり大変だと思います。食べきれない分はラップで包んで冷凍保存がおすすめです。

和菓子作りの材料として使われる「あんこ」ですが、自分で作ろうとすると、材料をそろえて、前日から小豆を水に浸して、火加減に気を付けながらぐつぐ...

フライドポテト

料理の付け合わせやおやつ、軽食にと便利なフライドポテト。一般的なスーパーでも手に入りますが、業務スーパーだと1Kg195円で購入できます。油で揚げる手間はあるけど、マックのポテトSサイズの価格(150円)に数十円プラスするだけで1Kgも食べられるかと思うと、そのお得さがわかるはず。

皮つき、シューストリングカットといろいろな形があるよ
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

味は普通のポテトと全く変わりません。表面に油が付いているので、オーブントースターで焼いてもサクサクに仕上がります。

気になる部分はというと、皮つきの場合、時々、皮が緑色になってる部分(ソラニン)も入っていたりすることくらいでしょうか。

冷凍鮪(まぐろ)たたき

冷凍の魚介類コーナーで販売されている「鮪たたき」です。価格はというと、250g入りで498円。

まぐろのたたきは、時々、鮮魚店のセールなどで、200g400円前後で販売されていることもあるので、さほどお得感はないかもしれませんね。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
でも、ストックしておくと「夕食何にしよう!あっ!まぐろのたたき丼にしよう!」とできるので便利!

たたき身は板状に冷凍されています。使うときは包装ごと流水などで解凍するか自然解凍します。

こういったたたきは、まぐろの身が細かく刻まれ、他の油脂類とともにペースト状になっているものも多いですよね。でも業務スーパーのまぐろのたたきは、粗びきハンバーグのように、大きめの粒のまぐろが入っています。製造しているメーカーが「マルハニチロ」というのも安心ですね。

ユニバースターコーヒー(スプレードライタイプ)

スプレードライタイプのインスタントコーヒー。価格は詰め替えタイプが348円(200g)です。同じスプレータイプのネスカフェエクセラが安売りでも690円前後(150g)なので、それと比べると段違いで安いです。

スプレードライのコーヒーって安いのですが、風味がいまいちなんですよね。妙に粉っぽかったり、炭食べてるみたいな味だったり、焦げ臭い感じがしたり……。お湯に溶かしても「黒い苦い水」的な味になるものが多いのですが、これは粉っぽい変な風味もなく、お湯にも溶けやすいです。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
ただ、コーヒーの風味もあんまり強くないかなあ

「ネスカフェエクセラ」から乗り換えた場合、風味の少なさに物足りなさを感じると思いますが、廉価版「ネスカフェクラシック」で十分!という人は、ユニバースターでも問題なく飲めると思います。

生ラーメン

お豆腐や油揚げ、ちくわ、ゆでうどん・そばなどが陳列されているあたりで販売されている「生ラーメン」。麺と調味スープがセットで入っていて、価格は3食入りで128円。1食あたり40円強です。

味はしょうゆ、みそ、塩の3種類。すべて食べたことがありますが、どれも普通においしいです。そりゃ、家系ラーメンシリーズの生ラーメンと比べたら、エッジがなさすぎて物足りないかもしれませんが……。

でも、下手したらそのへんのフードコートのラーメンよりおいしいんじゃないの?なんて思うほど。特にみそ味はピリッとした風味もあって、好きですね。

気になる部分はというと、麺が1人分ずつ個装されておらず、3食分が全部一緒になっていること。一応、1人分ずつほぐれるのですが、3人前一度に食べない場合は、麺が乾かないように保存する工夫が必要です。

まとめ

いろいろ紹介してきましたが、フライドポテトやあんこ、コンソメ、生ラーメンはまずハズレではない商品だと思います。価格もそれほど高くないので、万が一まずくてもダメージは少ないのではないでしょうか。調味料など、まだまだリピート買いしている商品も多いので、追加して紹介していきますね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする