業務スーパー「鶏だしの素」はまずい?創味シャンタンと味や値段を徹底比較!

Pocket

中華料理に使うだけでなく、炒め物やスープの味付けなど、「中華だしの素」があるとメニューの幅がグッと広がりますよね。

食材の宝庫「業務スーパー」では、「鶏だしの素」という中華だしの素が販売されています。
一般的なスーパーで販売されている50g入りの「中華あじ」「創味シャンタン」の約4倍に相当する227g入り。

大容量なので使い切れるか心配でしたが、業務スーパーの「コンソメ」と同様、リピート購入しています。

業務スーパーパトロールが日課になっているkerokoです。 今回は、前々からずっと気になっていた調味料「コンソメ」を購入!前から存在は...

今回はこの「鶏だしの素」について徹底レポート。

  • 「鶏だしの素」の価格は?
  • 「鶏だしの素」の賞味期限
  • 「鶏だしの素」の使い心地
  • 「鶏だしの素」の味
  • 「鶏だしの素」の原材料
  • 「鶏だしの素」を使ったアレンジメニュー

について紹介しています。

また、多くのスーパーで販売されている鶏がらスープの素「創味シャンタン」とも比較し、実際に料理を作って作り比べてみました。業務スーパーの「鶏だしの素」が気になりつつも、まだ購入に至っていない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

これが業務スーパーの「鶏だしの素」

今回、購入した「鶏だしの素」はこちら。赤いパッケージと鶏のイラストが目印です。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
業務スーパーの中華だしはいくつか種類があるので、「赤い袋と鶏のイラスト」と覚えておくといいですよ

内容量は227g。そのほか、業務用と思われる1Kgビッグサイズもありました。スーパーなどで販売されているメジャーな袋入り中華だしの素(味の素「中華あじ」「丸鶏がらスープ」、創味食品「創味シャンタン」など)は50gなので、こちらの鶏だしの素はその約4倍入っていることになります。

賞味期限はというと、購入時から1年以上余裕がありました。調味料なので、このくらいの期間があれば、使い切ることはできそうです。

価格は198円。袋入り「丸鶏がらスープ」「創味シャンタン」の約4倍の量が入っているのに、198円とはかなりお得ですね。

値段が安いのは嬉しいけれど……味はどうなの?
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

そうそう、「安かろう、まずかろう」では困るもの。特に大容量だと、口に合わないと食べきるのが大変ですよね。実際にどうなのか、メジャーな中華だし「創味シャンタン」と、使いごこちや味を比べてみることにしました。

創味シャンタンとどう違う?

こちらは袋入りの「創味シャンタン」。

創味食品の本格がらスープの素です。缶やチューブに入ったペースト状のものもありますが、こちらは粉状。一般的なスーパーでは、1袋(50g)140円前後で販売されていることが多いですね。

10gあたりに換算してみると……

  • 業務スーパー 鶏だしの素……約8.6円
  • 創味シャンタン……約28円(1袋140円で換算)

業務スーパー「鶏だしの素」は、創味シャンタンの約1/3の価格でした。

安いカラクリは原材料にあるのでは?と思った私、次は原材料チェックです。

■業務スーパーの「鶏だしの素」原材料

食塩・コーンスターチ、マルトデキストリン、砂糖、酵母エキス、チキン粉末、調味料(アミノ酸等)、着色料(カロチン)

■創味シャンタンの原材料

食塩(国内製造)、デキストリン、動物油脂、砂糖、鶏肉エキス、小麦粉、香辛料、ネギパウダー、野菜エキス、たん白加水分解物、植物油脂、酵母エキス/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料
創味シャンタンの方が、使われている原材料の種類が多いね!
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)
Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
うん、業務スーパーの方がシンプルな感じ

両方とも、使われている原材料は食塩が最も多く、共通している原材料は、デキストリン、砂糖、酵母エキス、調味料のアミノ酸。創味シャンタンの方は、香料や酸味料、油脂も入っています。

スプーンですくってみた状態がこちら

画像ではわかりにくいかもしれませんが、業務スーパーの「鶏だしの素」は粒が粗めで、「創味シャンタン」は細かいパウダー状です。

業務スーパーの方は粒は粗いものの、空気を含んでいるためか、指でつぶすと細かな粉に変わります。色も業務スーパーの方が白味が強いです。

2つのスープの素をお湯で溶いて、スープにしたものがこちらです。

お湯で溶かした状態では、業務スーパーの方が色が薄く、創味シャンタンの方が若干色が濃いめです。

業務スーパーの方は、パッケージに「白濁タイプ」と書いてあったけど……
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

そうなんです。業務スーパーのパッケージに「白濁タイプ」とあったので、参鶏湯(サムゲタン)くらい濁るのではと思いましたが、それほど白濁してないですね……。濁るのが抵抗ある人もいるかもしれませんが、普通のスープ感覚で購入しても問題ないと思います。

香りを嗅いでみます。

ん?創味シャンタンの方が香りが強いような……?
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

香りを嗅いでみると、創味シャンタンの方がだしの風味が強く感じられます。業務スーパーの方が、主張が控えめ。原材料を見ると、確かに創味シャンタンの方には香料やネギパウダーなどが使われているんですよね。その分、香りが強く感じられるのかも!?

スポンサーリンク


続いて、実際にスープを飲んでみることにしました。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
業務スーパーの方がやさしい感じ?
創味シャンタンの方が、ややスパイシーさが際立っている気がする
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

業務スーパーの「鶏だしの素」は、パッケージに「濃厚鶏味」とあるので、ガツンと濃いめなのかと思っていましたが、想像していたよりもマイルドでした。

もちろん旨みやコクはしっかり感じられますが、意外にも風味が強いかな?と感じられたのは創味シャンタンの方。でも交互に続けて飲んでいるうちに、だんだん違いがあまり分からなくなってきます。

業務スーパーの方でちょっと物足りないと感じた場合、胡椒や塩味を加えて調整してもいいかもしれません。

業務スーパーの鶏だしの素を使ってみた

香りや味などもわかったところで、実際に「鶏だしの素」を使ってみることにしましょう。

炒飯

最初は「炒飯」。こちらは、業務スーパーの「鶏だしの素」と「創味シャンタン」を作り比べしてみました。

左が「創味シャンタン」、右が「鶏だしの素」を使ったもの。醤油は加えていないのですが、若干、創味シャンタンの方が色味が強い仕上がりです。

アップにしてみると……

業務スーパーの「鶏だしの素」は、創味シャンタンより粒が粗め。そのため、うまくごはんに絡むかちょっと心配でした。

でも、実際に食べてみると、まんべんなく味が付いているよ
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)
Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
炒めている段階で粉状につぶれ、うまく味が付くのかもしれないね。

シンプルに卵炒飯にしてみましたが、どちらもしっかり味は付きました。創味シャンタンの方にはネギパウダーや香辛料が入っていますが、業務スーパーの鶏だしの素とそれほど風味の差は感じなかったです。

卵スープ

片栗粉でとろみをつけて、とき卵を加えた卵スープ。業務スーパーの「鶏だしの素」の粒は粗いですが、お湯に入れるとサッと溶けます。白濁タイプとありますが、こうしてとき卵を入れても、透明感ある仕上がりです。

野菜スープなどにも使ってみたけれど、こちらも美味しかったよ
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

野菜炒め

おウチ中華の定番・野菜炒め。素材の味を邪魔せず、旨みもプラスするという感じでこれまた美味しくできました。パンチのある味にしたいときは、胡椒などの香辛料を多めに使うといいと思います。

色も付いていないので、色味を活かしたい炒め物にもぴったり!
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

無限ピーマン

こちらはパプリカを使っていますが、無限ピーマンにもぴったり!鶏の旨みはあるけれど、主張は強くないので、ツナともうまくなじんで美味しいです。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
ツナがないとき、ピーマンと鶏だしの素とごま油だけで作ることもあるけど、それでもおいしくできますよ

オムライス

邪道かも!?ですが、洋食のオムライスにも使ってみました。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
チキンライスの味付けに使いましたが、鶏肉と相性がいいのか想像以上においしい!

味噌汁

味噌汁の和風だしの代わりに使ってみたところ、一風変わった味噌汁になりました。


↓こちらは「中華だしの素」を使っていますが、鶏だしの素でもイケます!

食事作りも佳境に入り、さあ、あとはお味噌汁を作るだけ!となった段階で「しまった!だしの素を切らしてた!」となることはありませんか? …...
Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
「だし」を切らしている時、応急処置的に使うのもおすすめ

そのほかのアレンジレシピは、業務スーパーのサイトでも紹介されていますよ

まとめ

業務スーパーの「鶏だしの素」、227gと容量たっぷりで、使い切れるのかという心配がありましたが、スープ、炒め物、チャーハンにと毎日使っていると、1カ月くらいで使い切ることができました。

中華料理だけでなく、ピラフやオムライスなどの洋食にも使えるので、一度試しに購入してみても損はないと思いますよ。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする