業務スーパーのマヨネーズはまずい?キユーピーと味や値段、使い心地を比べてみた!

Pocket

2022年に入ってから値上げラッシュが加速!特に調味料類の値上げが続いていますね。

ソースやケチャップ、しょうゆなどのほか、洋風メニューに欠かせないマヨネーズなどの調味料も値上げ。そんな時に頼もしいのが、大容量で安い業務スーパーの商品です。

そこで今回は業務スーパーの「マヨネーズ」について

  • 業務スーパーのマヨネーズの値段
  • 業務スーパーのマヨネーズの味
  • 業務スーパーのマヨネーズの原材料
  • 業務スーパーのマヨネーズのカロリー
  • 使い心地・賞味期限

などについて調査!「安いけど、味はどうなの?」と心配する人に向け、有名メーカー「キユーピー」のマヨネーズとも比べてみました。調味料類の節約をしたい人は、参考にしてみてくださいね。

業務スーパーの1Kgケチャップについてはこちら

オムレツにオムライスにナポリタン。子どもが好きなこうした食事を作るときに欠かせないのがケチャップです。 一般的なケチャップは400gで...

これが業務スーパーのマヨネーズ

業務スーパーのマヨネーズにはいろいろな種類がありますが、今回購入したのは1kg入りの「GSマヨネーズ」

GS……つまり、業務(Gyomu)スーパー(Super)ってことだね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

スーパーで販売されているキユーピーの450g入りマヨネーズと比べてみると、一回り以上違うのがわかります。

パッケージを取ってみると、こんな感じ!親子ほどは違いませんが、まるでマヨネーズの夫婦みたい。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
チューブを通してみると、キユーピーの方が色がちょっと濃いめに見えます

価格は1kgで362円でした。キユーピーのマヨネーズは、450gで372円(参考小売価格)。倍以上の容量が入っているのに、価格はそれほど変わらないという高コスパ。マヨネーズを日々よく使う人には、この価格は魅力的といえそう。

価格が安いのは嬉しいですが、どんな材料が使われているのか気になります。そこで原材料をチェック!

■業務スーパーのマヨネーズ

食用植物油脂、卵、醸造酢、砂糖類(粉末水あめ、砂糖)、食塩/調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物(一部に小麦・卵、大豆を含む)

■キユーピーマヨネーズ

食用植物油脂(国内製造)、卵黄、醸造酢、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物(一部に卵、大豆、りんごを含む)

使われている材料は両方ともかなりシンプル。

大きく原材料の差はないですが、業務スーパーの方は、全卵を使用しているのに対し、キユーピーは卵黄を使用していますね。また、業務スーパーの方は砂糖類が入っていますが、キユーピーでは使われていません。

カロリー(大さじ1杯あたり)は、業務スーパー110kcal、キユーピー100kcalでした。

業務スーパーの方がやや高めだね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

業務スーパーのGSマヨネーズの味は?

それでは実際に絞り出してみましょう!

2つのマヨネーズをちょっとだけ絞った様子がこちら。

棒状に絞り出した様子がこちらです。

業務スーパーの方がやや硬めのマヨネーズで、しっかり絞った形状が保たれている感じです。キユーピーのマヨネーズは業務スーパーよりゆるめ。なので、形が崩れやすいです。

色は業務スーパーの方が白っぽいです。キユーピーは卵黄を使っているので、その分、黄色味が強く出ているのかも!?

せっかくチューブから絞り出したのだから、味見してみましょう。そのままスプーンですくって食べてみると……。んん!

  • 業務スーパーの方が酸味がマイルド
  • キユーピーの方が酸味がある

2つのマヨネーズをダイレクトに味わうと、酸味の強さに違いがあることがわかりました。業務スーパーの方には、砂糖が入っているためか、味がやや甘めだと感じました

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
私は酸味が強めの方がいいから、キユーピーの方がおいしいかな
全体的に業務スーパーはまろやかな感じ。こっちの方も好きだなあ
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

野菜に付けて食べてみた

それでは次は、実際に野菜に付けて食べてみましょう。スライスしたきゅうりにマヨネーズを付けて食べ比べしてみます。

スポンサーリンク


Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
………
………
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

うーん、ダイレクトにマヨネーズを味わった時と比べると、野菜の味の影響もあって、味の差があまりわかりません。

特にトマトなど酸味のある野菜と一緒に食べると、その差がほとんどわからなくなります(あくまでも個人の感想です)。

ポテトサラダで使ってみた

続いて、マッシュしたじゃがいもにマヨネーズを加えてみました。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
使ったじゃがいもが「インカのめざめ」という品種なので、黄色味が強くなってます

こちらを食べてみると……

うん!こちらもキユーピーで味付けをした方が酸味がくっきり!業務スーパーの方が酸味がマイルドです。野菜と違ってじゃがいもは味が淡白なので、酸味の強さがわかりやすくなっています。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
私は酸っぱさが感じられるキユーピーの方が好きかな
甘いポテトサラダが好きだから、業務スーパーの方がおいしいな
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

味付けが甘めのファミレスのポテトサラダが好みの場合、業務スーパーのマヨネーズは向いているかもしれません。

逆に酸味があるポテトサラダが好きな人は、業務スーパーのマヨネーズは物足りなく感じるかも。その場合、ちょっとお酢を加えたり、プレーンヨーグルトを加えるのがおすすめです。

加熱して食べてみた

加熱したら、味はどう変わるのでしょうか?食パンのふちにマヨネーズを絞って土手を作り、卵を中央に落として焼くマヨネーズトーストで検証してみます。

こちらが業務スーパーのマヨネーズで作った方です。硬めのマヨネーズでしっかり形が残るので、卵がパンの外にはみ出してしまうことはありません。

キユーピーの方は……。ごめんなさい、焼いてすぐに食べちゃった!
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

食べ比べてみた感想ですが、加熱すると酸味が飛ぶためか、業務スーパー・キユーピーとも、あまり差は感じられませんでした。

続いて、お弁当のおかずにも便利な鮭のマヨネーズ焼きを作ってみました。

こちらも味の違いはあまり違いは感じられませんでした。強いて言うならば、業務スーパーの方がやや焦げ目がつくのが早め。砂糖が入っているため、キユーピーよりも焦げやすいのかもしれません。

1kgマヨネーズは絞り口の形状がひとつ!

業務スーパーのマヨネーズとキユーピーのマヨネーズの原材料や味の違いを紹介してきましたが、最も大きな違いといったらコレ!

あっ!キャップに付いてる絞り口がない!
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

そうなんです。今は多くのマヨネーズは、キャップに細めの絞り口を付けていますが、業務スーパー1kgマヨネーズには、太めの1種類しかないんです。

ポテトサラダの味付けなど、大量に使いたいときは便利ですが、「お好み焼きの上に、細い線で絞り出したい」というのは難しそう。ドバっと出てしまうので、カロリーも心配ですよね。

なのでうちでは、細くマヨネーズを絞り出すことができるポリ製の容器を100円ショップで購入し、それに入れ替えて使っています。

1kgの大きい容器よりも安定してテーブルの上に立つので、使いやすいですよ。

まとめ

業務スーパーの1kgマヨネーズをざっくりまとめると

  • 業務スーパーのマヨネーズの方が硬め
  • 業務スーパーのマヨネーズの方が色が白っぽく、酸味が少ない
  • 野菜サラダだとあまり味の違いはわからない
  • ポテトサラダを作ると、業務スーパーの方が酸味が少ない
  • 加熱する食べ方だと、あまり差は感じられない

マヨネーズを大量に消費する家庭は、この価格は魅力的ですよね。買ったものの、ちょっと味の差が感じられる場合は、酸味をプラスしたり香辛料を利かせたりすると使いやすいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする