業務スーパーのカスタードプリンはアレンジ放題!バケツプリンにシュークリーム

Pocket

前回、紹介したのが業務スーパーの人気商品が、紙パックの「カスタードプリン」。

業務スーパーの名物のひとつ・紙パックスイーツ。その中で特に人気なのが「カスタードプリン」です。 今回は業務スーパーの紙パックスイーツ「...

しかしとにかく大容量なので、食べきる前に「飽きた……」というのもあったりします。

そんな時はアレンジして食べるのがおすすめです。今回はいくつか試した中で、おいしかったアレンジメニューをご紹介!一部を挙げると……

  • カスタードクリーム
  • シュークリーム
  • ミルフィーユ

などなど。購入したものの使い道に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは基本のカスタードクリーム

手作りだと卵黄と砂糖、牛乳で作らないとならないカスタードクリームですが、業務スーパーのカスタードプリンだと小麦粉をプラスするだけで作れます。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
作っておくといろいろなお菓子に使えるので便利だよ!

パッケージでは、「カスタードプリン150グラム」「小麦粉大さじ1」を混ぜ、600ワットのレンジで40秒加熱とあります。

でも実際に作ってみると、個人的にはちょっと緩めな気がするので、小麦粉を大さじ1と1/2に増やして作っています。加熱時間もうちが使っているレンジだと40秒では足りなかったので、それより30秒プラスして加熱しています。

レンジによって加熱時間に差があるので、調整してみてね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

味はというと……市販のクリームパンに入っているクリームの味に近い!

あと、常温で販売されている廉価版のシュークリームに入っているカスタードクリームにも似ています。本格的なカスタードクリームと比べると別物ですが、気軽に使う分には十分だと思いますよ!

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
バターを少し加えると、風味がアップします

■カスタードクリームは冷凍も可能!
カスタードクリームを多めに作り、冷凍しておくのもおすすめです。冷ましたカスタードクリームを冷凍OKのファスナー付きビニール袋に入れ、空気をしっかり抜いて冷凍します。使うときは自然解凍でOKです。

次はこのカスタードクリームを使って、違うお菓子を作ってみます。

‏ミルフィーユ

カスタードクリームにアレンジしたら、ミルフィーユにするのもおすすめ。パイ生地は、業務スーパーの冷凍パイシート使うと便利です。

バターを練り込み、たたんで伸ばして冷やしてを繰り返す「パイ生地」。それが大変そうで、パイ菓子を作るのをついつい躊躇してしまう人もいるはず。 ...

パイシートは重しをして焼き、ふくらみを出さないのがポイントです。

焼きあがったパイ生地にカスタードクリームをはさみ、デコレーションして仕上げます。

三角カスタードパイ

10×10㎝に切ったパイ生地に、カスタードクリームを乗せ、対角線上に半分に折って焼きます。

折ったとき、卵液などを糊になるように付けて、しっかりパイ生地とパイ生地を合わせるのがポイント。パイ生地がうまくついていないと、焼いているときに中からカスタードクリームがあふれてきてしまいます。

スポンサーリンク


Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
あふれてちょっと焦げ目がついたカスタードクリームも意外とおいしい

シュークリーム

シュー生地の中に詰めるカスタードクリームを、業務スーパーのカスタードプリンを使って作ります。

シュークリームって、皮用・クリーム用と作るときにけっこう卵の消費量(特に卵黄)が多かったりしますが、このカスタードプリンを使うとシュー皮用の卵を用意するだけでOK!

かんたんクリームパン

食パンの上にカスタードクリームをのせて、トースターで焼きます。焦げ目がつくほどではないですが、熱で水分が飛び、クリームが濃厚な味わいになります。

タルト

タルト生地の中にカスタードクリームを入れれば、かんたんタルトの出来上がり。クリームの上に桃缶を薄切りにしたものを乗せたり、メレンゲをのせて焼き、焼き目を付けても美味しいです。

バケツプリン

1キロという内容量を活かしてバケツプリンに!

普段のおやつでもいいですが、子どもがたくさん遊びに来た時やイベントの時に作ると「デカッ!」とちょっとしたサプライズになります。

上の画像だと、あまり大きくないように見えるかもしれませんが、直径18センチあります。

下の画像が、卵のサイズと比較したもの。かなり巨大なことがわかると思います。

バケツプリンを作るときのポイントは2つあります。

  • 固さを出すためにゼラチンを足す
  • プリンを盛り付けるお皿は大きめにする

それぞれポイントを紹介していきますね。

■固さを出すためにゼラチンを足す
形が崩れないように、少しゼラチンを足して固さを出します。お鍋に1パック分のカスタードプリンを溶かし、そこに水でふやかした5~10gのゼラチンを足して溶かします。

私は直径18㎝の丸いケーキ型で作っていますが、その時は5g分のゼラチンを加えています(画像のバケツプリン)。もう少し固めに仕上げたいときは、10g分入れるとかなりしっかり目に固まります。

■プリンを盛り付けるお皿は大きめにする
サイズぎりぎりのお皿に出そうとすると、完成したプリンを型から外す時にはみ出てしまうことがあります。余裕を持たせるために、プリンの大きさから最低5センチ以上大きなお皿に出すのがおすすめです。

ちなみに最初に出しているバケツプリンの画像のお皿は小さすぎ。出す時に苦労しました。

まとめ

業務スーパーのカスタードプリンを使ってのアレンジメニューを紹介しました。シンプルなのでアレンジのしがいがあるのが嬉しいところ。フレンチトーストやクリームブリュレなど、今後も随時更新していく予定です。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする