黄桃・白桃って何て読む?辞書だけでなく、お店、缶詰会社にも聞いてみた

Pocket

100円ショップの缶詰コーナーでも販売されている「桃」の缶詰。安いし美味しいし、おやつやデザートに大活躍ですよね。

つい先日「黄桃」の缶詰をテーブルの上に置いておいた時のこと。子どもが「”黄桃”って何て読むの?」と聞いてきました。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
「おうとう」でしょ?
「きもも」じゃないの?他の果物や野菜は「青りんご」「白ぶどう」「紫キャベツ」「黄ニラ」とか、みんな色は訓読みだよー
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

なるほど!そう言われてみると、「黄桃」は「きもも」と読んでもよさそうですね。

でも私の周囲では「おうとう」と読む人は多く、一体どちらが正しいのでしょうか?

今回は、この「黄桃」の読み方について大調査。仲間の「白桃」の読み方も調べました。辞典だけではなく、お店の人、缶詰のメーカーの方からも意見を聞いています。桃の缶詰を食べながらでも、お気軽に読んでみてくださいね。

「黄桃」は、おうとう?きもも?

読み方を調べるならまず辞書!ということで、まずは「きもも」という読み方で国語辞典を引いてみました。しかし、残念ながら「きもも」では該当せず。

次は「おうとう」という読み方でひいてみました。しかし、「おうとう」も該当しませんでした。「桜桃(おうとう)」というさくらんぼを指す言葉は見つかりましたが、肝心の「黄桃」はありません

※学研 現代新国語辞典(改訂第六版)

国語辞典では、「きもも」「おうとう」両方の読み方ともなかったね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

それなら、次はWeb辞書です。「goo辞書」で調べてみたところ、「きもも」では該当しませんでしたが、「おうとう」という読み方の中に「黄桃」がありました。

「モモの一品種。果肉は黄色。缶詰に加工されることが多いが、生食用の種類は甘味と酸味が強く、濃厚な味わいをもつ」

…とあります。

PCの文字変換の時も、私が使っているモデルの場合「きもも」では出ませんが、「おうとう」では「黄桃」とすぐに変換されます。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
文字変換の様子から想像すると、「おうとう」と読む人が多いのかもしれないね

でも、中にはさくらんぼを指す「桜桃(おうとう)」と混同させないために、あえて「きもも」と読む人もいるかもしれませんね。そうした理由からか、桃を生産している農家の中には、「おうとう」ではなく「きもも」と呼ぶ方もいらっしゃるようです。

ネットで調べてみると、「小さいころから”きもも”と読んでいた」という声もあったよ
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

また、「おうとう」「きもも」でもなく、「きとう」という読み方をするという意見もありました。これは、山梨県で生産される黄桃の一種「甲斐黄桃(かいきとう)」という読み方からきているようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】山梨県産 黄桃 甲斐黄桃 13玉入り
価格:9980円(税込、送料無料) (2021/4/12時点)

スポンサーリンク


楽天で購入

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
桃のイメージとは違うけど、きれいな黄色!価格はちょっと高め。高級フルーツだね

「白桃」は、はくとう?しろもも?

「白桃」もどう読むのか気になるところ。そこで黄桃の次に「白桃」の読み方について調べてみました。

国語辞典とWebのgoo辞書で「しろもも」「はくとう」の読み方で引いたところ、なんとも面白い結果になりました。

・「しろもも」……国語辞典、goo辞書には見当たらず
・「はくとう」……(国語辞典)モモの一品種。果肉は白色・多汁であま味が強い。しろもも
(goo辞書)モモの一品種。多汁で果肉が白く、甘い。

国語辞典では、「はくとう」の読み方のところで「しろもも」と出ていますね。つまりは、「はくとう」「しろもも」どちらの読み方でも問題ないようです。

おたま1号(助手)
おたま1号(助手)
PCの変換でも、「しろもも」「はくとう」の両方で「白桃」と出るよ

国語辞書やWeb辞書で調べた限り、黄桃と白桃の読み方は

  • 黄桃……「おうとう」という読み方が多いと思われるが、さくらんぼを指す「桜桃」と区別すうため「きもも」と呼ぶ場合もある。「きとう」と読む品種もある。
  • 白桃……「はくとう」「しろもも」どちらの読み方でもよい

であると考えられます。

お店や缶詰会社の人に「黄桃」の読み方を聞いてみた

続いて、缶詰を売っている近所のスーパーの店員さんに聞いてみました。

店員さんのコメント
私は「おうとう」「はくとう」と読んで発注していますが……。でも「きもも」「しろもも」とおっしゃるお客様もいらっしゃいますよ。生の桃は「しろもも」と呼ぶ方が多いですね。
Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
確かに!生の桃は「はくとう」ではなく、「しろもも」と言いたくなりますね(私だけ?)

店員さんいわく、直接「黄桃(おうとう、きもも)」「白桃(はくとう、しろもも)」と言うお客様は少なく、多くは「桃の缶詰はどこかしら~?」「黄色の桃缶が欲しい」などと言うお客様が多いそうです。

次に尋ねてみたのは、桃缶を作っている缶詰のメーカーです。製造しているメーカーなら、「これ!」といった呼び方をしているはず!

お客様センターに電話して、いざその疑問をぶつけてみると……。

黄桃は「おうとう」「きもも」、白桃は「はくとう」「しろもも」、どちらの読み方も正しいですし、間違いではないんですよ。

おお!缶詰のメーカーでは、音読み・訓読みどちらの読み方でもいいのではないか、という回答でした。

ただ、缶詰の裏に、成分を表示する欄がありますが、そこに果実の名称として黄桃は「黄もも」、白桃は「白もも」と‭明記している商品もあります。これは、「食品表示基準」によるものですが、だからといって「きもも」「しろもも」と読むのが正しいというわけではありません。お好きな読み方で読んで頂いていいのではないでしょうか。

なになに?「食品表示基準」となんだか難しい話になってきました。どういうことかと、缶詰の食品表示基準(農産物缶詰及び農産物瓶詰品質表示基準)を調べてみると、

(抜粋)
第4条において、ももにあっては果実の名称を「白もも」又は「黄もも」の別に表示し……

※農産物缶詰及び農産物瓶詰品質表示基準 最終改正 平成23年9月30日消 費 者 庁告示第 10号

…とあります。

辞書で調べた結果や、お店の人、缶詰メーカーの方の意見を聞く限り、どちらで読んでも問題ないようです。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
じゃ、私は昔からの読み方の「おうとう(黄桃)」で……
私は「はくとう」ではなく「しろもも」!この読み方、可愛い♪
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

まとめ

言われるまで意識することがなかった「黄桃」「白桃」の読み方。ずっと黄桃を「おうとう」と読んでいたので、「きもも」という読み方があるということにびっくり。でも、どちらの読み方でも大丈夫なようです。

訓読みの「しろもも」という読み方がかわいいので、今度は「しろもも」と読んでみようと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする