インスタントコーヒーの美味しい入れ方!すぐに試したくなる方法6つ

Pocket

仕事中やちょっとした休憩時にもコーヒーが欠かせない私。たまにはコーヒーメーカーで淹れますが、普段はもっぱらインスタントコーヒーです。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
熱いお湯さえあればすぐ完成するので便利!
でも、「味がいまいちなんだよなあ」なんて時々言ってるじゃん
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

そうなんです、やっぱり香りや味の深みはレギュラーコーヒーには及びません。もちろんそれを差し引いても便利なのでインスタントコーヒーを飲んでしまうのですが、もうちょっと本格的な味わいになったら嬉しいですよね。

そこで今回は、インスタントコーヒーの美味しい淹れ方を探るべく、あれこれ実験。巷で言われているおいしくなる秘訣をかたっぱしから試した結果、「これはおいしい!」という方法が見つかりました。

反対に、「おいしい」と絶賛されてるけど、それほど変わらない方法も……。

ふだん飲んでいるインスタントコーヒーを、よりおいしく味わいたいという場合、ぜひお試しくださいね。

インスタントコーヒーが美味しくする方法、ためしたのは6つの方法!

今回、どんな裏ワザを試したかというと、

  • 少量の水でコーヒー粉を溶いてから、お湯を加える
  • 少量のお湯でコーヒー粉を溶いてから、お湯を加える
  • コーヒー粉を炒って使う
  • 完成したコーヒーに塩を少々加える
  • 完成したコーヒーに麦茶を加える
  • 水でコーヒー粉を溶き、レンジで加熱する

でした。
(「少量のお湯で溶かしてから……」のカップは、画像にはないですが、ちゃんと実験してますよ ^^v)

さてさて、どのコーヒーが一番おいしく出来上がったのでしょうか。違いがわかるように一口ずつ飲み比べてみました。
その上で、個人的なおすすめ順に紹介していきますね。

1位 水でコーヒー粉を溶き、レンジで加熱する

5つの方法を試したうち、最もおいしく感じたのは、コーヒー粉を水で溶き、レンジで加熱する方法でした。

レンジで加熱するだけ!?
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

そうなんです。作り立てはほどよく泡立っていておいしそう!

味はというと、雑味が少ないです。香りもストレートに鼻腔に入ってくる感じ!作り立てのコーヒーに鼻を近づけると、香りが際立っていると感じました。

ここのポイントは、必ず水で溶いて作ること。「冷めたコーヒーをレンジで再加熱」だと、香りそのものが全くしませんでした。

■作り方

1.カップに2gのインスタントコーヒーを入れて、水を140ml注ぎます。よくかき混ぜてコーヒーを溶かします。

2.コーヒーが飲み頃なのは、60~70℃なのだそう。そのくらいの温度に加熱できるように、500wで1分半加熱します

レンジによって個体差があるので、様子を見ながら加熱してね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)
■注意!オートモードでの加熱はNG
この方法で作る場合、オートモードの加熱や、「早く沸かしたいから」とワット数を上げての加熱は避けてください。「突沸」といって、コーヒー液が爆発してしまう可能性があります。また、突沸を避けるために、細長い形状のカップも避けた方が安心です。

突沸については下記にまとめてあります

家計簿付けたり、ネットしたり、何かを作業している時、コーヒーが欠かせないkerokoです。 さて、今朝、冷めたコーヒーを電子レンジで温...

2位 完成したコーヒーに塩を少々加える

次に私が個人的におすすめするのは、「塩を加える」です。

ねえ、からかってるの?お塩入れたら逆にまずくなりそう!
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

塩を入れるなんて、冗談だと思いますよね。でもこれがびっくり!半信半疑で試したのですが、苦みが引き立つというか、味に深みが出るんです。

■作り方
1.カップにインスタントコーヒーを2g入れ、お湯を140ml注ぎます。
2.コーヒーにほんのひとつまみ塩を入れて溶かします。

ポイントは入れる塩の量。人差し指と親指でほんのわずか(数粒程度と言っていいかも)塩をつまんで入れます。入れすぎるとまずくなるので、数粒程度を意識して入れてくださいね。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
これ、カフェオレにすると、よりおいしいですよ

3位 少量の水でコーヒー粉を溶いてから、お湯を加える

次におすすめの方法は「少量の水でコーヒー粉を溶いてから、お湯を加える」です。テレビ番組で紹介された方法ですね。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
レンジで加熱したほどではないですが、普通に入れた時よりも、香りが豊かに感じるかな?

絶賛する声も多いのですが、「びっくりするほど違う!」「レギュラーコーヒーをしのぐおいしさ」というのは、ちょっと大げさかな?と思いますね。

■作り方
1.カップにインスタントコーヒーを2g入れ、ほんの少量の水を入れてゴリゴリと練るように溶かします。

2.お湯を140ml入れてできあがり。

この方法は、NHKの情報番組番組「ためしてガッテン!」で紹介されてから、「インスタントコーヒーがおいしくなる裏ワザ」として多くの人に知られるようになったようです。

インスタントコーヒーの粉にはでんぷんが含まれているそうで、急に熱いお湯を注ぐと、粉の表面のでんぷんが固まってダマにまってしまうとか。

それが粉っぽい香りになる原因だそうです。あらかじめ少量の水で溶いておくと、ダマになりにくいので、香りのいいおいしいコーヒーができる……というメカニズムのようです。

3位 少量のお湯でコーヒー粉を溶いてから、お湯を加える

先に紹介したのが、「少量の水でコーヒー粉を練ってからお湯を入れる」方法。こちらは、「水の代わりにお湯でコーヒーを溶いておく」というものです。

ふつうに作った時よりも香りがよく感じるよ
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)
Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
個人的には、水で溶いたものとあまり違いは感じないなあ

■作り方
1.カップにインスタントコーヒーを2g入れ、ほんの少量のお湯を入れてゴリゴリと練るように溶かします。

2.お湯を140ml入れてできあがり。

この方法は確か、作家の林真理子さんが作品の中で紹介していました。「ためしてガッテン」で紹介された「少量の水で最初に溶かす」がオンエアされるかなり前から、知る人ぞ知る方法だったようですね。

5位 麦茶を入れる

5位からは、「ちょっと微妙な味のゾーン」に突入します。こちらは、できあがったコーヒーに、香ばしさをプラスするために麦茶を少し加える方法です。

スポンサーリンク


うーん、あまり普通のコーヒーと変わらないなあ
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)
Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
少し香ばしくなったような……なってないような……?

■作り方
1.カップにインスタントコーヒーを2g入れ、お湯を140ml入れる。
2.小さじ1杯の麦茶を加える

麦茶の特徴といったら、焙煎された麦の香り!その香ばしさがプラスされて美味しくなるのかと思いきや、うーん……。コーヒーの香りの方が強いせいか、あまり違いが感じられませんでした。

ほんのわずか麦茶を加えた程度だと、香りに違いは生まれないのかもね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

6位 炒ったインスタントコーヒーの粉を使う

インスタントコーヒーの粉を軽く炒り、コーヒー豆のような焙煎した風味をつける方法です。今回試した中で、一番手間がかかりました。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
うーん、焙煎というより焦げっぽい香り?
キャンプ場で空き缶を使って作るようなちょっと荒々しい香りだね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

■作り方
1.フライパンにオーブンシートを敷き、約4gのインスタントコーヒーを乗せ、ごく弱火で加熱します。


2.スプーンなどでまんべんなく混ぜ、香りが立ってくるまで加熱します。
3.2g分のインスタントコーヒーをカップに入れ、お湯を140ml注いで出来上がり

手間もかかっているし、炒ることで風味がアップするという道理も理解できるので、「これはおいしくなりそう!」と思ったのですが、ちょっと微妙でした……。

コーヒー粉を炒っている間はいい香りがしたのですが、お湯を注いでも香りが引き立つわけでなく、かえって粉っぽさ(焦げ臭さ?)がアップした気がします。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
個人的には、「おいしくなった」とは言い難いかなあ
■おすすめはレンジ加熱と塩ひとつまみ
ぜひ試してほしいのは、レンジ加熱と塩をひとつまみ入れる方法です。香りを楽しみたい場合は「レンジ加熱」、味に深みを出したい場合は「塩を入れる」がおすすめ!炒ったり、練ったりする手間がないので、すぐに試すことができますよ。

インスタントコーヒーをおいしく入れる基本的なコツ

インスタントコーヒーをおいしくするいろいろな裏ワザを紹介してきましたが、それ以前の「おいしく作る基本的なコツ」があるのも確か。

抑えておきたいポイントを2つ紹介します。

正確な量の粉とお湯を使う

インスタントコーヒーは手軽に作ることができる分、けっこうアバウトな作り方をしている人が多いのだそう。

あるコーヒーセミナーに行ったとき、「インスタントコーヒーの粉と水の量を正確に計って作るだけで、味が段違いに美味しくなる」という話を聞いたことがありました。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
私もけっこうアバウトかも。瓶から直接、カップに粉をふり入れちゃう時もあるよ

そこで、正しい使用量を探るべく、代表的なメーカーは、どのくらいのコーヒー粉を使用するのを推奨しているのかチェック!すると多くの商品は「2gのコーヒー粉と、140mlの熱湯を使う」となっていました。

しかしこのコーヒー粉2gってどのくらいなのでしょうか?

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
ティースプーン山盛り1杯くらいじゃない?私もだいたい、ティースプーン1杯で作ってるし

実際にティースプーン山盛り1杯のインスタントコーヒーを、デジタルスケールで計ってみました。すると1gちょっと。推奨している2gには足りません。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
確かに味が薄いなあ~、香りが足りないなあ~と思うことがあったのよねー。コーヒーの量が足りなかったのね

2gにするのはどうすればいいのか?いろいろ試してみると、ティースプーンより一回り大きめのカレースプーンを使うとちょうどいい量になることが判明!

カレースプーンすりきり1杯より、やや少ないくらいが、ちょうど2gに相当することがわかりました。

ティースプーンではなく、カレースプーンを使ったほうが2gに近いんだね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

ちなみに、140mlというお湯の量も大切なポイント。正しいコーヒー粉とお湯の量を把握しておけば、「薄すぎた」「濃すぎた」という失敗も少なくなるので、これまでよりおいしいコーヒーを入れることができるはずです。

お湯の温度は80℃がベスト

もう一つ大事なのは、使うお湯の温度。熱湯をそのまま注ぐという人も多いかと思うのですが、インスタントコーヒーにベストなお湯の温度は80℃!どんなに高くても90℃で、沸かしたてのお湯は適していないそうです。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
熱湯を使うというイメージが強いだけにびっくり!

なぜかというと、抽出する時の温度が高いほど、コーヒーの苦み成分であるカフェインが抽出されやすくなるから。苦みが苦手な人は特に、温度に気を付けたほうがおいしいコーヒーを作ることができそうです。

おいしいインスタントコーヒーを作るにも限界はある

今回6つの方法を試してみましたが、共通していたのは「時間が経つと、香りが失せてしまう」ということ。

レンチンや水で溶いて香りを際立てた方法も、作り立ては香りがいいのですが、10分もすると香りが変わり、乾いたような酸化したような香りになってしまいます。コーヒーの香り成分は揮発性なので、徐々にいい香りが空気中に逃げていってしまうのかもしれません。

香りを楽しむためには、作ってすぐに飲むことが一番大事かもしれないね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

まとめ

インスタントコーヒーをおいしく入れる方法をざっくり紹介すると、

・いろいろ方法はあるが、レンジ加熱と塩を入れるのがおすすめ
・レンジ使用時は「突沸」に注意
・コーヒー粉とお湯の量を正しく計るのも忘れずに
・お湯の温度は80℃がベスト
・10分も放置すると、香りは飛んでしまう

あくまでも私個人の感想なので、もしかしたら「他の方法の方が美味しかった」という方もいるかもしれません。新たな発見のために、全部の方法を試してみてもいいかも!

休憩の時や仕事中に、インスタントコーヒーが欠かせないという人は、ぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする