業務スーパーのガパオペーストが美味!値段や原材料、味を徹底レビュー!

Pocket

世界のさまざまな料理の素も販売している業務スーパー。その中にタイ料理の「ガパオライス」を簡単に作ることができる「ガパオペースト」もありました。

アジアンフードが大好きな私はさっそくGET!
今回はこの「ガパオペースト」の

  • 価格や容量
  • 賞味期限
  • 原材料
  • アレンジレシピ

についてまとめています。

また、個人的にちょっと注意した方がいい点についてもご紹介。業務スーパーの「ガパオペースト」が気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらが業務スーパーの「ガパオペースト」

こちらが業務スーパーの「ガパオペースト」です。

ガパオライスとは、ひき肉のバジル炒めごはんのこと。ひき肉や野菜、バジルを加えて炒め、ナンプラーなどの調味料で味を付けてたものを、ごはんに合わせた料理です。

ナンプラーって何?
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)
Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
カタクチイワシを発酵・熟成させたタイの代表的な調味料のこと。独特の風味があるよ

ガパオライスを作るとなると、このナンプラーを用意しないとならなかったため(醤油などで代用もできます)、ちょっとハードルも高かったのでは?でもこの「ガパオペースト」を使えばこれだけで味が決まるので便利ですね。

内容量はというと、500gとかなりの大容量。手に持つとずっしりしています。価格は398円でした。

外から瓶の中を覗いて見ると、細かくカットされた野菜やハーブのようなものが入っているのが見えます。何が入っているのか、原材料をチェックしてみましょう。

■原材料
バジル、植物油脂、砂糖、ガーリック、唐辛子、食塩、レモングラス/調味料(アミノ酸等)、pH調整剤(一部に大豆を含む)

ハーブはバジルのほか、レモングラスも入っていました。

ナンプラーについては書かれていないね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)
Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
調味料の中に含まれているのかな?

原材料を見て感じたのは、意外と砂糖が多めに入っていること。ガーリックや塩よりも多めです。

ふたを開けてみるとこんな感じ。かなり油がたっぷりです。すくってみると、油とペースト状になった調味料がスプーンの上に。油は赤い色ですが、これは唐辛子の色でしょうか。ガーリックのような南国っぽい香りのような異国風の香りがします。

中には黒く見える野菜が入っていますが、これがどうやらバジルのよう。緑色のバジルのイメージが強いのでちょっと意外な気がします。

バジルだけ取り出して食べてみます。

うーん、バジル?なのかわからないくらい風味が控えめ。調味液本体に長く漬かっていたからなのでしょうか。また、砂糖を使っているからなのか、バジル本体が甘いからなのかは不明ですが、甘茶っぽい甘さがありますね。

賞味期限は購入時から2年弱先でした。

ガパオペーストを使ってみた

パッケージには

お好みの野菜と挽肉を本品と炒め、ご飯を盛付、目玉焼きを添えれば、ピリッと辛いガパオライスの出来上がりです。野菜炒めやチャーハンにもご使用いただけます。

とあります。

いろいろなレシピサイトでガパオライスの作り方を見てみると、お肉は鶏ひき肉、豚ひき肉、野菜はピーマンや玉ねぎが使われることが多いようですね。

そこで今回はこのガパオペーストとともに、豚ひき肉、玉ねぎ、パプリカ(ピーマンの仲間)を使い、ガパオライスを作ってみることにしました。

豚ひき肉と野菜を炒め、ペーストを加えます……が、どのくらいの量のペーストを加えるのがいいのか、パッケージには明記されていない~~~!

ので、最初は少なめに入れて、味見をしつつ量を増やしていきました。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
感覚的に、100gのお肉に対して、大さじ大盛り2杯くらいかな

ちなみに、業務スーパーの公式サイトでは、お肉320gに対し、ガパオペースト140gと紹介されています。けっこうたっぷり使うんだな~という印象でした。

さて、炒めていると、だんだんガーリックと香辛料っぽい香りが漂ってきます。この黒っぽく見えるのがバジルです。

スポンサーリンク


ごはんとともに盛り付け、目玉焼きを作って上にトッピング。

パプリカなどカラフルな野菜を使うと、色がとてもきれい!

業務スーパーの冷凍パプリカをご存じですか?さっと湯通しした赤・黄・緑のパプリカを細長くカットして冷凍したものです。 数年前、業務スーパ...

完成!さっそく食べてみましょう~!

業務スーパーのガパオペーストの味は?

業務スーパーのガパオペーストを使って作ったガパオライス。ひと口食べて感じたのは「甘い」!個人差はあると思いますが、甘じょっぱいのとは違い、独特の甘さを感じました。

ガパオペーストだけだと、味が単調な印象。なので、好みで塩や醤油を加えると、味にメリハリが生まれそうです。

あと、ナンプラーの香りはあまり感じられません。なのでナンプラーの風味が苦手な人は食べやすそう。反対にナンプラーの風味が好きな人は、物足りなく感じるかもしれません。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
私はナンプラー好き。なので、追いナンプラーしたよ

辛さもあまり強くありません。辛い料理が苦手な人も、問題なく食べられる辛さです。もうちょっと刺激が欲しい場合は、唐辛子をプラスしてみてもいいかも。

バジルの香りですが、うーん……。あのバジルの爽やかな風味は、残念ながらあまり感じられないですね。家族に「バジルが入っているよ」と伝えても、「え?どこに?」と言われるほど。

バジルっぽさがもっと欲しい場合は、ドライバジルなどを加えてみてもいいかもしれません。

全体的な感想ですが、甘さはちょっと気になるものの、異国っぽい味わいでおいしいです(これがタイ風?)。何より炒めて目玉焼きをのせるだけで、ちょっとおしゃれな感じのメニューができるのが嬉しい。ストックしておくと、食事作りが面倒な日のお昼ごはんなどに便利に使えそうです。

業務スーパーのガパオペースト アレンジメニュー

パッケージには、「野菜炒めやチャーハンにも使えます」と書いてありました。ガパオライスだけで使うのは勿体ないので、野菜炒めやチャーハンにも使ってみました。

野菜炒め

好みの野菜や肉などを炒めて、その味付けにガパオペーストを使います。今回は、もやしとニラ、ベーコンを使いました。

最初は、「野菜炒めに、ちょっと甘さが勝るガパオペーストはどうなんだろう?」と心配だったのですが、意外なことに野菜炒めと合います!

ピーナッツをくだいたものを仕上げに入れると、より東南アジア風の味に近づきそう。具には海老などを使ってもいいかも!

チャーハン

続いてチャーハンです。

フライパンにココナッツオイルを熱し、柔らかめのスクランブルエッグを作って取り出します。ごはんを炒めてガパオペーストで味付け。そしてスクランブルエッグを戻して全体を混ぜ合わせました。

こちらも、甘めの味付けがおいしい!ココナッツオイルの風味もあって、一気に南国風の味わいです。ちょっと塩気が欲しい場合は、塩やナンプラーを加えてもいいと思います。

2つアレンジメニューを作ってみましたが、意外と野菜炒めやチャーハンはイケます。ちょっといつもの野菜炒めやチャーハンにマンネリ感を感じたら、試してみるのもおすすめ!

ちょっと注意したいこと

最後に、「業務スーパーのガパオペースト」でちょっと注意したいこと。

こちら、瓶のフタがとても硬いです(個体差はあるかもしれませんが)。私の場合ですが、とにかく瓶のフタが開かず、思いっきり力を入れてフタをひねったら……。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
ギャー!こぼした~!

開いたのはいいのですが、その勢いで思いっきり中身の油が飛び出してしまいました。服と床の上には油がダラダラ……。服は洗濯しても、エスニックなにおいがなかなか取れず……。

フタを開けるときは、色が薄い服は避けた方がいいかも
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

フタを開けるときは、注意してくださいね。

まとめ

業務スーパーの「ガパオペースト」についてざっくりまとめると

・内容量は500g
・価格は398円
・味はやや甘め。辛さは控えめ
・バジルの香りは少ない
・ガパオライスのほか、チャーハンや野菜炒めもなかなかイケる
・フタを開けるときは要注意

手軽にアジアン料理を作ってみたいという場合、試してみる価値は十分にあると思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする