横浜クリスマスマーケット2022はいつまで?ライトアップ時間や入場料や予約は?

Pocket

2022年12月6日に、横浜赤レンガ倉庫がリニューアルオープン!改装されたばかりの赤レンガ倉庫にて、「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」が行われます。

10メートルの巨大なツリーが展示されるよ!
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

コロナ禍で開催された昨年に引き続き、今年も開催決定!どんな内容になるのでしょうか。

ここでは、

  • 「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」の開催日
  • 開催時間
  • ライトアップの時間
  • 屋台は出る?
  • スケート「アートリンクin横浜赤レンガ」と合わせて訪れても
  • 事前予約について
  • 気になる感染症対策

などについて解説します。今年、横浜のクリスマスマーケットにお出かけを予定する人は、参考にしてみてくださいね。

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫の開催日・開催時間

例年、11月下旬~クリスマスまで行われる「横浜クリスマスマーケット」。2022年の開催日は、11月25日(金)~12月25日(日)です。

クリスマス当日までの開催なんだね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

開催時間は下記の通りです。

■開催時間とライトアップ時間
11月25日(金) 17:00~21:00
11月25日(金)~12月9日(金) 11:00~21:00
12月10日(土)~12月25日 11:00~22:00

ライトアップは16:00から営業終了まで、ツリーのライトアップは23:00まで行われます。

クリスマスマーケットは時間予約制なので、ライトアップされたツリーや屋台を見たい場合は、16時からの部を予約するのがおすすめ!

クリスマスメニューの屋台は出る?

毎年楽しみなクリスマスマーケットの屋台。2022年も会場内には、たくさんの屋台が出店します!ソーセージなどのドイツの郷土料理やグリューワイン、クリスマスグッズが販売されるようで楽しみ!

こちらは2021年の様子。屋台の上には、サンタクロースが乗っています。

同じく2021年に提供されたメニューです。毎年、定番の温かいグリューワインは、甘酸っぱくて飲みやすい。いろいろなお店が販売しています。

まだ具体的なメニューや出店数は発表されていませんが、わかり次第、お知らせします。

入場料は?

新型コロナウイルスが大流行した2020年からは、混雑を防ぐために一部の日程には入場料制が導入されました。2022年も入場料が必要な日があります。

<入場料無料の日>
11月25日(金)~12月16日(金)までの平日

<入場料500円が必要な日>
期間中の土日、12月19日(月)以降の平日

小学生以下は、保護者同伴なら入場無料です。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
昨年は入場料300円だったんだけど……。ちょっと値上がりしちゃったね。
無料で楽しみたいなら、平日がねらい目!
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

事前予約は必要?

無料で入場できる日は、事前予約なしで入場できます。ただし、有料日にはPeatixにて事前予約・オンライン決済が必要です。

会場には、予約と同時に入手できるQRコードにてチェックインするので、Peatixのアプリをスマホにインストールすることが必要になります。

スポンサーリンク


わざわざアプリをインストールするのは面倒だなあ……と思っていたのですが、他にもいろいろなイベントやセミナーのチケットも取れるので、入れておいても損はないと思います。

2021年の有料日は、ツリーが点灯される17時以降は人気でチケットが取れず、昼間に行きました。ライトアップされるツリーを見たい場合は、早めに予約をした方がいいかも。

クリスマスツリーは展示される?

クリスマスの楽しみといったらクリスマスツリー。クリスマスマーケットでは、10mの巨大なツリーが登場。メイン会場の反対側にあたる海側に、本物のモミの木を使ったツリーが展示されます。

2021年は巨大なプレゼントを模したツリーでした。

ライトアップされたツリーが見たかったなあと思っていたのですが、青空とクリスマスツリーの組み合わせもなかなかきれいでしたよ!

屋外スケート「アートリンクin横浜赤レンガ倉庫」も開催

今シーズンも屋外スケートイベント「アートリンクin横浜赤レンガ倉庫」が行われます。12月3日から開催なので、クリスマスマーケットとアートリンクを一緒に楽しむのもおすすめ!

開催時間は、12月の平日は、13:00~21:00、土日祝は11:00~21:00。12月19日~25日は、11:00~22:00に開催します。

入場料は、大人700円、3歳~高校生500円、付添観覧料200円、貸靴料500円。

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
スケートを楽しんだあとに、クリスマスマーケットで腹ごしらえするのも楽しそう!

感染症対策は?

2021年開催時は、さまざまな感染症対策が取られていたクリスマスマーケット。

2022年もコロナ禍での開催となるため、安心して楽しめるように、引き続き対策は取られると思います。

昨年は、会場の入り口にゲートがあり、来場者の検温、消毒が行なわれていました。店舗にも消毒用品がおいてあり、スタッフも消毒を実施していましたよ。

これが入場する前に入るゲートだね
おたま1号(助手)
おたま1号(助手)

横浜クリスマスマーケット アクセス

■電車
みなとみらい線「馬車道」駅または「日本大通り」駅より徒歩約6分、「みなとみらい」駅より徒歩約12分
JR「桜木」駅から徒歩約15分、JR・地下鉄「関内」駅より徒歩15分

Keroko(カエル母)
Keroko(カエル母)
桜木町から行くなら、2022年4月から運行開始したロープウェイ「横浜エアキャビン」を利用するのもおすすめ!
2021年4月に運行を開始した横浜ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」。横浜は人気スポットなので、お...

■車利用の場合
首都高速「みなとみらい」または「横浜公園」出口

■駐車場情報
<赤レンガ倉庫駐車場>
駐車料金最初の1時間500円、以後250円/30分
収容台数: P1・83台 P2・96台

近隣の商業施設「横浜ワールドポーターズ」の駐車可能台数は1,000台。赤レンガ倉庫の駐車場がいっぱいの場合、ワールドポーターズの駐車場を利用してもいいかもしれません(280円/30分)。

まとめ

2022年も赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットは開催。ちょっと入場料が値上がりしてしまったのは残念ですが、その分、混雑は抑えられるかも!?クリスマスマーケットを楽しむほか、リニューアルした赤レンガ倉庫に立ち寄るのもおすすめです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする